2022年8月30日、株式会社エニィと桜川市が、桜川市役所大和庁舎にて「デジタル化推進における桜川市地域活性化起業人の派遣に関する協定」の締結式を行いました。

エニィは、企業のさらなる成長を目指す経営者や自治体を対象として、その中に眠っている貴重な”金脈“(新たな事業シーズや希少性の高い経営資源など)を掘りおこし、あらたなビジョンを描くことで命を吹き込み、その実現に向けて、エニィの“職人“たちの知恵と技量を惜しみなく提供しています。

今回の協定締結は、「金脈を掘り起こす」というエニィの活動軸と、桜川市のデジタル化推進におけるニーズが一致したことで実現しました。

【協定内容】
総務省の地域活性化起業人制度を活用し、株式会社エニィから社員1名を派遣し、桜川市のデジタル化推進の取り組みにご協力します。おもに、新庁舎のDXやNFTのご提案を通して、デジタル化による業務効率向上、および市民の利便性向上などを支援いたします。

<派遣予定者>
株式会社エニィ マーケティングコンサルタント 野村 勇樹

<派遣期間中の職務>
①庁内におけるAI・RPAの利用推進
②行政手続のオンライン化推進
③新庁舎及び複合施設建設に伴う庁内デジタル化のアドバイス
④その他デジタル化に関わること

エニィのスローガンは “Anything Goes!”
常識にとらわれず、まずは「どんなこともあり得る(なんでもあり)!」の自由でオープンな気持ちを持って、経営者の皆様とともに“明るい未来”を切りひらくために、どんなことでも支援します。

わたしたちは今後も、社会全体の健全な経済成長に貢献することを目指し、企業だけでなく、自治体の支援や、地方創生をすすめてまいります。

この記事を書いた人

磯崎史弥

WEBの戦術設計や提案を得意とするWEBプランナー。実務のディレクション及び技術面の知識も豊富で、クライアントの意向をWEBプランニングに落とす事ができます。 コーディングや開発は事業スケールを意識した設計を中核にチーム形成まで視野に行うため多くのプロジェクトを成功に導いてきました。 commnet 正解や成功までの道は一つではないと思います。 特定の解法に拘らず、任意のケースにおいて実現可能な道とその先にある結果を提示することで、クライアントの決断を助ける活動をしていきたいと思っています。