LPリニューアルのご支援

事例

LPリニューアルのご支援

サッカークラブブリオベッカ浦安ジュニア

ターゲットの心に響くLPで
CVが「0件→初月50件」に!

導入前の背景・課題感

千葉県浦安市で活動する、小学生を対象としたサッカークラブ「ブリオベッカ浦安ジュニア」。メンバー募集の一環として無料体験を受け付けていますが、以前のLPには一定のアクセスはあるものの、そこからの体験申し込みが「0件」という状態が半年以上も続いていました。
最大の原因は、ターゲットとの不一致。低学年の小学生とその保護者に訴えかけるべきであるにもかかわらず、LPの内容やデザインのテイストがそうしたターゲットにそぐわないものになっていたのです。

導入後のゴール・目標

弊社では、このクラブでサッカーをする楽しさが伝わるデザインに一新。さらに「保護者の声」や無料体験までの流れを示した図を盛り込むことで訪問者の疑問や不安を取り除くようなコンテンツに修正したほか、ページ上部と下部の2カ所にCVボタンを設置し、体験申し込みへの導線を明確化しました。
すると、新たなLP導入から1カ月の間に、なんと50件もの体験申し込みを獲得!入会者も例年の2倍で推移するなど、多大な成果を生み出すことができました。

会社名

株式会社ベイフットボール浦安

制作内容

  • ワイヤーフレーム設計
  • デザイン
  • コーディング

成約数

0件→初月50件!

入会も例年の2倍に!

リニューアル前

リニューアル後

ココがMVP!

私たちエニィは、課題解決にあたってMVP(Minimum Viable Product=実用最小限の製品)という考え方を大切にしています。いきなり完成品を目指すのではなく、検証や改善を繰り返すことで、ターゲットのニーズに適したプロダクトを少しずつ目指していく手法です。
今回の事例のどこに“MVP”なポイントがあったのか、ご説明します。

社会性と経済性の両立

本案件のご依頼主は、地域で活動するサッカークラブ。予算規模は決して大きくありません。それでも私たちは、「地域に根差して奮闘するクラブになんとか貢献したい!」との思いから、“最小限”のコストでご要望にお応えできる方法を探ることにしました。
そもそもの大前提として、弊社は同業他社よりも安い料金設定を実現しています。

一般的に売れるLPができるまでの工程

LPを全面的に作り直そうと思えば、通常はかなりの手間がかかります。例えば、高いクオリティの写真を用意するためにプロのカメラマンを、効果的な文章を載せるためにプロのライターを手配する。それらを取りまとめるWEBディレクターも必要でしょう。そのうえで、複数のデザイン案を作ってクライアントに確認してもらうなど、段階を踏んでじっくりと“完成品”を作り上げていきます。
ただ、そうした手法にはどうしても時間とお金がかかり、また依頼側への負担も大きくなってしまいます。

洞察による仮説設定と具体的な提案

それに対して弊社では、次のような方法でコストの低減に努めています。
例えば、写真とテキストに関しては依頼側からの提供を受ける。丁寧なコミュニケーションを重ねることで課題のありかを正確に見極め、的確な解決策を提示する。そうして無駄な工程を可能な限り省くことで、少数精鋭のスタッフでも対応できる環境を整える。これらの積み重ねの結果として、クオリティを担保しつつもコストを抑えることができるのです。
本案件においても弊社のノウハウを存分に発揮し、地域のサッカークラブというサイズ感にフィットしたプロジェクトをご提案することができ、限られたリソースながらも最短距離でゴールできたと考えています。
必要以上に大きな負担を強いることなく地域の活動を後押しする結果を出せた本案件は、「透き通った心で、明るい未来を切り拓く」という弊社の経営理念を体現するものであると同時に、目下の課題に対して最小限のパワーで最大の成果を生み出す“MVP”の象徴的な事例となりました。

導入後のインタビュー

CEO

阿萬 真紀

お客様から「新しいLPで体験申し込みが一気に増えたよ!」という嬉しい声があったよ。なんとCV0の状態から、初月50件まで増えたそうです!
WEBの世界でローカルな案件や地域活動のLPで成果出すのって難しいのに、これって、すごい事なんだよ!!
よく出来たね、今回の案件が成功した要因って何だろう?

ディレクター

磯崎 史弥

もともと広告などからLPへのアクセス自体はあったんです。あとはLPのコンテンツやデザインがターゲットの心に響くかどうか。そこをうまく表現できたことが成果につながったんだと思います。

特別にコストをかけたわけではないですし、デザイナーへの指示も、他案件と比べて特殊なことはしてないですよ。でも、訪問者の疑問や不安を取り除くようなコンテンツなどをワイヤーの中で丁寧に入れていく事をしました。

CEO

阿萬 真紀

なるほど〜。子どもたちのいきいきした表情や保護者のリアルな思いがしっかり伝わってくるようなLPになったね!
発信者視点だったものが、ユーザーまできちんと目線を落としていくことで、共感を生むことが出来たんだ。すごく基本的なことだけど、忘れずにエニィのMVPがきちんと出来たから、こんなに大きな成果があげられたんだね。

進めていくなかで大変だったことはある?

ディレクター

磯崎 史弥

先方にWEB専任の担当者がいらっしゃるわけではなく、トップの方もかなり多忙ということで、細かなやりとりに苦労する部分はありましたね。でも、必要なところはしっかりご協力いただけましたし、こちらも出来るだけ確認の回数を減らすなど工夫して対処しました。

もともと素材が少ない中で、良い写真を探したり、どこにフォーカスしたら良いマーケティング活動(対話)をするためのLPになるのかを、ユーザーの視点、お客様の視点、エニィの視点、そして社会全体(透明な心)で考えました。

このプロジェクトの成功に関わってくれたメンバー

ディレクター

磯崎 史弥

デザイナー

寒川 亜美

コーダー

平山 樹

無料お見積りのご相談

未来をつくる経営者を支援します