お知らせ 運用

一般社団法人「パブリック・アフェアーズ・ジャパン」のライブ配信のお手伝いをしました

TsudaKengo 著者名:TsudaKengo

一般社団法人「パブリック・アフェアーズ・ジャパン」の概要

世の中にパブリック・アフェアーズを広める取り組みを行っている団体です。2020年9月16日・17日には、団体設立後初めてのイベント「Public Affairs Summit(パブリック・アフェアーズ・サミット)」が開催され、社会活動家の「石山アンジュ」氏や株式会社メルカリ代表取締役会長の「小泉文明」氏などが登場し、パブリックアフェアーズや国際戦略などをテーマに動画配信で6つのセッションが実施されました。経営者や大学教授などがアドバイザーとして名を連ねており、情報発信やイベント開催などでも広く取り組みを行っています。

【一般社団法人パブリック・アフェアーズ・ジャパン団体概要】

所在地 〒102-0092 東京都千代田区隼町3番19号清水ビル5階A
代表者 藤井 宏一郎
設立 2020年9月1日

パブリックアフェアーズとは?

世の中を良くするためのきっかけ作りを、企業や非営利団体(NPO)・非政府組織(NGO)が連携して、政府や国民に向けて行う活動のことで、「企業などによる公共・非営利セクター(政府やNPO/NGOなど)との戦略的関係構築」と定義されています。

自身の目的を叶えるために行う陳情やロビー活動とは違い、不特定多数の人が公共の利益を得られるように、メディアや国民など大勢の人を巻き込みながら活動することを目的としています。

エニィはライブ配信のお手伝いをしました

  • インターネット上で宣伝告知をする時に用いたPR広告のデザイン
  • WEBサイト上の告知、修正
  • OBS・Youtube・Facebookの連携による動画配信
  • youtube LIVEアクセス解析
  • 動画視聴中、画面上に現れるロゴやデザインを動かすための演出(アニメーションGIF)
  • 動画配信中の音声調整業務
  • 動画配信後の映像切り替え
  • バナー作成と配信など

ウェブサイトや集客に関するマーケティングも手掛けているため準備段階から配信終了後までサポート致しました。配信後の映像を保存して会社の資産にする企業様もいます。

経営者が明るい未来を描くサポートをするために、新型コロナウイルスによって変化した社会に対応できる方法を考えながら、ご相談者様にマッチするプランをご提案します。ライブ配信を活用したい企業様は、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事

 

未来をつくる経営者を支援します