アクセス解析

アクセス解析でのAnalyticsとログ解析の役割とは?

アクセス解析でのAnalyticsとログ解析の役割とは?

Analytics(アナリティクス)とは?

Webサイトのアクセス解析には、Analytics(アナリティクス)という分析ツールがよく使われています。

この場合、主にGoogle社製のものを指すことが多いですが、そもそもAnalyticsという言葉は、直訳すると「分析論」や「解析」になり、データの有意な規則性を発見する活動を意味しています。

アクセス解析にAnalyticsを使うことで、取得したデータから相関関係やパターンを明らかにします。

そして「過去や今起こったことやその原因」から「未来に起こる可能性の予測」を行い、サイト改善に役立てるのです。

Analyticsというと、主にWebサイトのアクセス解析をイメージしますが、Twitterアナリティクス やYouTube アナリティクスなど、アプリ用のアナリティクスもあります。

分析ツールのデータ取得方法は3タイプ

分析ツールのデータ取得方法には、大きく分けると3タイプがあります。

データ取得方法によって、導入するまでの手間やコスト、サーバーの活用法などが違います。

  • サーバーログ型
  • パケットキャプチャ型
  • Webビーコン型

サーバーログ型

Webを閲覧しているユーザーがどのページを見たか、というアクセス記録をWebサーバーに記録します。

そして一定の頻度でアクセス記録を、Webサーバーから解析サーバーに送信して集計します。

サーバーログ型ならば、Webサイトにはそのまま手を加えなくても解析できます。

しかし、ユーザーの詳細な判別が出来ないため、ユーザー別のリピート情報などの集計ができないという欠点があります。

パケットキャプチャ型

サーバーログ型との違いは、Webサーバーに記録しないところです。

ユーザーの閲覧データは、Webサーバーとユーザーとの間でやりとりするデータを、別の解析サーバーに保存します。

この方式はWebサーバーの負担が軽減されるため、アクセスが多いWebサイトに適した方法です。

しかしデータを保存する別の解析サーバーが必要になるため、コストがかかります。

Webビーコン型

Webサイトの解析したいページすべてに、タグを埋め込むことで解析する方法です。

ユーザーがページを表示するとタグが実行されて、解析サーバーにデータが記録されます。

この方式もWebサーバーには負担がかかりません。

ページにタグを埋め込む手間がかかりますが、計測の精度は高くなります。

分析ツールを比較・選択する場合のポイントとは?

分析ツールは、データの取得方法が異なります。

その中からどのタイプのツールを選べばいいのでしょうか。

ツールを比較・選択する際には、「アクセス解析の目的」「予算」「自社に合うかどうか」を明確化してから検討すると、最適なツールを選ぶことができます。

「アクセス解析の目的」には、アクセス数の把握・リピーターの動向把握・ページ別のアクセス数把握など、様々な目的があります。

ツールにより測定できる内容が変わってくるため、その目的に解析ができるかどうかを検討する必要があります。

「予算」も大きな選択ポイントです。

導入費と毎月の運用費が必要なツールから、無料のツールまであります。

アクセス解析が事業計画に大きく関係してくる場合には、運用費が必要になっても、目的のデータを収集できる方法を選ぶべきでしょう。

しかし、大まかなアクセス数を確認できればいい場合には、無料のツールでも十分目的を達成できる場合もあります。

そして安定したWebサイトの運営が必要な場合には、Webサーバーへの負担をかけない方式にする、という選択方法もあります。

多機能なツールは大変便利ですが、データを使いこなせなければ意味がありません。

色々な面で「自社に合うかどうか」も選択ポイントとなります。

主な分析ツール

  • Google Analytics(グーグルアナリティクス)
  • Google Analytics for Firebase

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

Google Analyticsは、最も知られているWebサイトのアクセス解析ツールです。

Google社から無料で提供されています。

データの信頼性も高いため、上場企業でも多くの企業で導入されています。

Google Analyticsでは、「1日の流入数」「流入元」「CV数」「ユーザー情報(地域など)」、最低限必要なデータを収集することが可能です。

Google Analyticsは、無料で連携できるツールも多いため、ログインして連携することで、解析機能をアップさせることも可能です。

Google Analytics for Firebase

Google Analytics for Firebase は、モバイルアプリを計測できるツールです。

Google社から無料で提供されています。

アプリ内でのユーザーの行動データや、ユーザエンゲージメントを簡単に取得することができます。

主にデータを収集するためのツールであるため、集計などの機能は弱い面があります。

モバイルアプリのみを分析したい場合にはGoogle Analytics for Firebaseを使い、モバイルアプリとWebの両方を分析したい場合にはGoogle Analyticsを使うことが推奨されています。

プッシュ通知の効果解析や、アプリケーションがクラッシュしたレポートを確認できる機能もあります。

アクセスログ解析とは?

アクセスログ解析とは、アクセス履歴である「ログ」のデータを集計して、分析することです。

Webサイトの管理者や運営者が、Webサイトがユーザーにどのように利用されているかを把握したい場合や、Webサイトを改善するのに役立ちます。

Webサイトを訪問するユーザーはどのくらいの人数なのか、どのようなキーワードで検索しているのか、ユーザーはどのコンテンツを閲覧しているのか、どんな時間帯が利用が多いか、などの情報をレポートで知ることができます。

ログファイルの文字化けのように見える記号は、デコードツールなどで変換できます。

ログ解析ツール

  • <無料>Log Parser (ログ・パーサー)
  • <有料>Visitors

<無料>Log Parser (ログ・パーサー)

多言語に対応しているアクセスログ解析ツール。

マイクロソフトから無償で提供されています。

特徴は、データベース問い合わせ言語のSQL文を使えるということです。

たくさんのログの中から、必要な情報や特定の情報を検索して並べ直すことや、Excelデータに加工することができます。

<有料>Visitors

Linux、Windows、Unixなどで使えるアクセスログ解析ツール。

操作が簡単で、10万行が2秒ほどで処理できる高速性が特徴です。

サイトの人の流れをフローチャート化することも可能です。

参考サイト

おすすめの記事

 

未来をつくる経営者を支援します